4月も半ばを過ぎて、お身体の状態はいかがでしょうか。
最近、お客様の中で足が攣ると言われるお客様の声を多くお聞きします。
朝寝起きの状態や、寝ている時にふと力を入れた時など、脹脛や、足の裏を攣るとの事でした。

筋肉が攣る原因としましては、〈血行不良(冷え)・水分不足・電解質異常・筋肉疲労の蓄積・ホルモンバランスの乱れ〉など挙げられます。

筋肉疲労の蓄積は、筋が固くなり血管も収縮して血流も悪くなります。新陳代謝が不良となり疲労物質が蓄積し、疲労物質などを出す事で疲労を回復する事が出来なくなる事があります。

血行障害は、筋肉のコリの影響などで筋肉が小さくなったり細くなる事で流れにくくなります。血液の成分がドロドロだと血液循環が悪くなり、筋肉へ栄養が届かなくなります。すると、防衛反応が働き筋肉が痙攣を起こし攣ってしまう事になります。

防止としましては、足を温める、水分をこまめに摂る、生活習慣の見直しなどあります。
サプリメントでは、マグネシウム・カルシウム・ナトリウム・ミネラルなどを摂取すると良いと言われています。

東洋医学では、肝臓と筋肉が関係していると言われており、肝臓が疲れたり固まったりすると筋肉も攣りやすく、血液を循環させるような筋肉の状態に肝臓の異常の影響で出来なくなって攣ってしまう事もあるそうです。

オイルトリートメントでも、筋肉の凝りを緩め血管を拡張させ、血行や老廃物
の促進が期待できます。

コメントは利用できません。