15804888-4F6F-4471-8BBE-15D7B67F6170
こんにちは。
今日は、とても日差しが強く暑いですね。
急にこんな暑くなると、逆に身体もだるくなる方も多いかと思います。

私は立ち仕事なので、仕事帰りには足がパンパンになって帰宅します。
ふくらはぎは、第二の心臓と言われ、足の方へ下がった血液を戻す役割も果たしています。
これをふくらはぎの筋ポンプ作用と言います。筋ポンプ作用とは、筋肉が収縮することで血管を圧迫し、血流が良くなる作用のことです。これがふくらはぎが動くことで、血液を心臓へ戻す力が強く働くという仕組みです。

ふくらはぎの筋肉が凝り固まって血流が滞ると、全身の血流が悪くなり、代謝ダウン
につながります。そのため、ふくらはぎの状態と全身の状態には関係があり、ふくらはぎがパンパンに硬かったり、しこりがあったり、冷たかったり、柔らか過ぎて弾力がない人は、全身の機能が落ちている可能性があります。

ご自身のふくらはぎをチェックしてみてください。
疲れていませんか。
揉んでみたり、温めてみたり、少し歩いてみたりして。
身体の健康チェックになりますよ!

SVASTIでは、足揉み&ひざ下オイルトリートメントのコースをご用意しております。少しでも症状が軽いうちに身体のケアをしてみてください。

コメントは利用できません。