皆さま初めまして。
週3日スワスティで働きはじめました端田(ハタダ)と申します。
私は自分の体調不良を機にスワスティに出会い、自分身体が変わっていくのを実感しました。肩こりや不眠、日々緊張からくるイライラからの解放…
自分の体の事を知り、メンテナンスしていく事の大切さを知った時、看護との共通点を感じました。
スワスティスクールを経て、今は看護師とセラピストの両立させ頑張っています。
宜しくお願い致します。
今日は腸の事についてブログを書きたいと思います。
腸には食ベ物の排泄以外にも特別な働きがあります。第2の脳とも呼ばれ億を数える程の神経細胞が取り巻いているそうです。
ですから、考え事が多かったり、緊張が強くストレスフルの状態では腸も緊張状態(交感神経優位)にあると言えます。
腸はリラックスの状態、いわゆる副交感神経が優位の時に動きが活性化するのです。
また、小腸には全体の7割を占める免疫細胞が集まっていると言われており、人体で最大の免疫システムが備えられているそうです。
では、腸の免疫力を活性化させる為にはどんな事が必要になるのでしょうか。
もちろん、日々の食生活は大切です。
乳酸菌や食物繊維を重視した食事を心がける事、それ以外でも大切な事があります。
それは体温を上げる事です。
体温が36度以下の低体温では免疫力がダウンしてしまうと言われており、流行性の感染症などにも罹りやすい状態になってしまうそうです。
血の巡りを良くして体温を上げ、酸素や栄養素を細胞の中に送り届ける。そして腸も活動してくれる。こうして免疫力を高く保つことが病気予防にもつながります。

スワスティでは、お客様にリラクゼーション(副交感神経状態)を感じて頂く事を大切にしています。
寒いこの時期には、ホットパックを使って体の芯から温めながらトリートメントを行なっていきます。暖かさを感じながらのトリートメントはお客様をさらにリラックスモードに誘います。
今年の疲れは今年のうちに。
冷えや日常の疲れで固くなった筋肉を緩め、体温をあげ体の中の巡りを改善させてみませんか?
師走の時期だからこそ自分への癒しをどうぞ。

スワスティスタッフ一同お待ち致しております。

2DB1E90E-B94A-48F0-B2BC-52CFBAAF0C2F

コメントは利用できません。