コロナの影響で、お仕事を休業されたり、そんな中でも神経を使いながらお仕事に行かれた方、お子さんの休校でお仕事を休まれ過ごされた方、急な日常の変化に頭がフル回転され自律神経が乱れてしまってる方も多くいらっしゃるのでは無いかと思います。
自律神経が乱れると悪玉菌が増える事を知ってらっしゃいますか?
腸管のぜん動運度は腸管神経が動き自体をコントロールしており、さらに腸管神経と連携している自律神経が指令を出しています。ストレスや不摂生などによって、自律神経のバランスが乱れると、腸管の動きを正常にコントロールできなくなります。そうなると、腸内が正常に働かなくなり悪玉菌を殺菌して抑える作用が不十分になります。
すると必然的に腸内フローラの中は善玉菌の割合が増え、体に不調をきたす様になります。そのため、自律神経に乱れが生じると、腸内の悪玉菌が増えてしまうと言うわけです。
今までも何度も自律神経の事などブログに書いておりますが、とても大事な事と私達は捉えており皆様に読んで頂ければと書いております。自律神経と関わりの深い腸管神経は第二の脳とも言われており、腸のコントロールは全て脳が支配しているのではなく、腸が自ら判断を下す機能を持っていると言われているそうです。腸内環境を整える事は様々な不調を来すのを防ぐ事にもなります。
食事で整える事は勿論ですが、自律神経のバランスを良くして腸は勿論内臓が正常に働く事が大事だと思います。
スワスティでは、トリートメントの中でお腹へのアプローチは必須です。お腹の固さが腰痛や便秘、足の不調など関わっている事があります。悪い姿勢や背中の緊張で自律神経ラインがある脊骨はガチガチに凝り固まっています。背骨を緩めてお客様がリラックスされ副交感神経優位になると、内臓の動きが良くなり音もゴロゴロ聞こえ出す方もいらっしゃいます。
スワスティでは、タイで学んできたチネイザンコースもご用意しております。こちらは60分お腹へのアプローチをして行くメニューとなっております。受けられたお客様は腰が軽くなった、お通じがあってデトックスされた感じ、などお声を聞いております。日頃の疲れや、コロナの影響での神経やお身体の疲れ、不調を感じている方是非一度スワスティのトリートメントを受けてみられませんか。皆様のお身体や心が健やかに日常を送れますよう私達も日々技術向上心努めてまいります。
CF6F063C-C155-49AD-A391-1349AB04D17D

コメントは利用できません。