今日から7月ですね。もう半年が過ぎてしまったんですね。早いものです。
雨上がりの朝日はとても気持ちが良いですね。ブログ画像チネイザン学びの旅も終盤になって来た所でした。
毎日のチネイザンの勉強と練習し合いで、お腹は柔らかくなってスッキリしてきました。
チネイザンの基礎をしっかり学んだあと、先生から提案がありました。

チネイザンもとても大切な手技で、もう一つの方も学んで帰った方が良いと言われました。皆さんも最近耳にした事があるかもしれませんが、大まかに言うと(子宮ケア)です。
私達もとても気になっていた場所です。
私自身もそうですが、生理不順やPMS、子宮の冷えなど婦人科系の不調を抱えてる方は多い様に思います。
山崎と梶山は即答でYESと答えました。

目的としましては、鼠蹊部周り等にアプローチをし、静脈中の老廃物や毒素をデトックスし、血流を改善方向に向かわせることで、肉体的、精神的両面の健康にはたらきかけるトリートメントです。

先生もとても大事なトリートメントの一つで、とにかくエナジーが開く。活力が湧く、大事な事…と何度もいわれてました笑

お客様の中にも、股関節周りの固さや下腹、子宮の冷えなどそれと連携する様に消化不良や腰痛、足の方にも関連して不調が見られている方もいらっしゃいます。
学んでいくと、チネイザンとも繋がりが多くとても内容の深い物で、お客様の不調を少しでも改善に向かわせるお手伝いができるんじゃないかと胸が高鳴ったのを覚えています。C1D87D8A-CFB7-4690-AA05-B7D896ED4465

コメントは利用できません。