更に、2種類の女性ホルモンの内、エストロゲンは子宮内膜を厚くする作用を
持っています。プロゲステロンは内膜を剥がして、子宮の中をきれいにデトックスする
作用を持っています。

女性ホルモンの量は、脳からの刺激ホルモンが血流を通って卵巣に行き、
そこから女性ホルモンが多く出るか出ないかが決まります。
全身に刺激ホルモン量が増えて来ないと女性ホルモン量は増えない。

という事は、内膜を厚くする為に全身の血流プラス卵巣までの血流を良くする事がとても大切になります。

全身の血流はバリ式で、内膜を厚くする為には、子宮周りの血流を良くする事はチネイザンとカルサイネイザンで流れはバッチリだと思います。

全身の血流のケアが出来ている方は、子宮内、骨盤内のみのケアで凄い全身の血の巡りが変化する事もあります。

全身の血流に関しては、今自律神経のバランスの調整が上手くいっていないお客様は沢山いらっしゃいます。
血管が拡張する収縮のスイッチを担っている自律神経を置いてけぼりにせず、リラックスする事をとにかく、大切にされて下さい。

自律神経の調整がつかない方の特徴は、やはり人に気を使う方、人の感情を敏感に察知する方、自分より人を優先する方、
お仕事で、目を使うPCの時間が長い方、夜勤のお仕事をされている方など。

是非、人の感情を察知してもご自身を大切にされて下さい。

これが、梶山の妊娠、タイ研修で得たものです。
何か私達がやれるお手伝いがありましたら、
ご縁をお待ちしております。

※男性のケアは一切習ってきていません、
男性のケアはSVASTIでは承っておりませんので、
申し訳ございませんが、ご了承ください。

※妊活に関わるお仕事の方で、ケアをされている方、
何かシェア出来る事がありましたら、
シェアできる機会はどんどん嬉しいです。

どうぞ、宜しくお願い致します。

スワスティ代表山崎

コメントは利用できません。