51F4D3DC-19EA-4366-BA11-2FF2888CE13C
先日、某テレビ番組で東洋医学についての放送がされていました。
オイルマッサージ、太極拳、乾布摩擦、鍼灸、瞑想など…。
人々が健康を保つために古くから身近にあったもの。それがこの時代に再び見直されて来ているようです。
瞑想、自律神経の調整、呼吸、血流改善、デトックス、リラクゼーション。
スワスティのトリートメントで心がけている事がリンクしました。

自律神経を調整する為に呼吸を意識する。副交感神経モードに変わると内臓の動きは活発となり、血流量が増え酸素が回りだしデトック効果も期待できます。
しかし、筋肉の動きや血流を遮るものがあると効果は低下してしまいます。
その遮るものの一つが凝りです。
交感神経の連続や疲労、老廃物の停滞は病気に関連してくる可能性が高くその予防が大切になります。トリートメントの一つとして筋肉の凝りをほぐし、血流に乗せて老廃物を鼠けいや鎖骨下の大きな静脈へと流し込むことをしています。
実際に胸元や脇の下の凝りを実感されたお客様も多いのではないかと思います。 

3月は上半身のリンパ、老廃物を流し、肩こり首こりの改善にお得なコースをご用意致しました。
ドライヘッドもついており、リラックス効果も大です。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

コメントは利用できません。