6111065C-E0CD-43DE-92B5-72147A79D7BF
秋分を過ぎ9月も残りわずかとなりました。
朝晩は涼しく、昼間との気温差を感じます。夏の暑い日々を超え、寒い季節に向かう移行期間である秋ですが、私達の体や自律神経も移行していく必要があります。
夏の暑さに耐えた体は、10月頃になると夏バテにも似たような症状、怠さや食欲低下、頭痛、肩こりなどが出やすくなります。自律神経の状態も乱れやすく、体は変化に順応しようと頑張るので疲れが取れず、不眠や気分の重さ、浮腫、消化器管の乱れが出やすいと言われます。
体は敏感にできているなとつくづく感じます。

季節の変わり目に起こる体の変化を受け入れ、自分なりのリラックス時間を大切にしてあげる事が乗り切る鍵と言えそうです。
必要だとは分かっていても、なかなか取れないのが自分時間だったりもしますよね。
それぞれのカタチで自分時間やリラックスの時間を作ってみられてはいかがでしょうか。
休息の手助けとなるヘッドマッサージ、全身リラクゼーション手技でのトリートメントは自律神経の調整にピッタリです。
お待ち致しております。27

コメントは利用できません。