健康には自信があるし、忙しいのはいつもの事、それも仕事だから仕方ない。
私自信もそんな事を当たり前に思っていました。
呼吸ですら、日常の中でどれだけ意識できているでしょうか。
緊張状態や集中している時は、無意識で呼吸が浅くなっている事が多くなります。胸郭の動きも狭く何と言っても体内への酸素の取り込みが弱いのです。

それはどんな状態なのか。

お客様の施術に入ると仕事やお身体の癖等が想像できることがあります。
緊張状態が長い仕事をされている方では頭皮も首も肩も背中も腰もガチガチです。その状態が続けば疲労が蓄積し、病気や怪我をしやすい体になります。
スワスティでは自律神経、血流、酸素、老廃物を流す事を大切だと考え施術を行なっています。それが健康な体を作り上げる為に最も大切だと考えるからです。
凝りでガチガチの体ではこの重要な要素の働きが十分に活かされません。
自律神経の緩みが血流をあげ、代謝を促し酸素を回し健康な細胞体を作ります。
腰痛や肩こり、頭痛や眼精疲労など。痛み止めを使い対処する方法もあり必要性な方法ですが、日々の体への労りを考えてみてはいかがでしょうか。
自分の事は後回しに考えてしまう方が多いのも実感していますが、健康の大切さを一番肌で感じさせて頂いている職業だとも思います。
体の疲れは心の状態にも影響し、身体的な症状に出てからでは辛く長引くことも多い事も実感しています。
健康な心と体で年を重ねていく方が楽しく、明るさに満ちていると思います。

医療現場の方だけが疲労に満ちているとは思いませんが、自分にとって身近な環境であり、視えている状況から何ができるだろうかと考え
ブログに書いてみました。
リフレッシュやメンテナンスの方法は様々だと思いますが、スワスティでは健康な体作りのお手伝いがしたいと考えております。
ぜひ、ゆっくりとお体を癒しに来られてください。

コメントは利用できません。