EEDB2227-E73B-4F27-889B-56A1241858BD

膣のケアについて数年前から少しずつ広がり始めていましたが、最近SNS等で見かける事が増えてきました。
肩こりや首凝り等は自覚しやすいと思いますが、膣周りもに凝りができます。
膣やソケイ周りは血管も豊富で血流量の多い場所ですが、ストレスや加齢、トラウマで凝りができやすく、心の面にも関係し、無意識な緊張状態が継続していたり、心と体が緩む時間が持てていない事も滞りの原因となるようです。
結果として血流が悪くなり、老廃物が流れにくい状態、いわゆる詰まりの状態ができあがってしまいます。
ソケイのリンパ節や骨盤内の血流の詰まりがあると、膣周りはもちろん、子宮、膀胱、腎臓、消化器官を含めた内臓機能が低下し、冷えや浮腫、腰痛、生理痛などが起きやすくなります。
また、血流が悪くなる事で脳から出たホルモンの作用も落ちる為、ホルモンバランスが乱れやすくなります。更年期障害にも関係しそうです。
スポーツやトレーニング等を日常的にされている方以外では、足を大きく広げるという習慣がなく股関節周りの筋肉が硬くなってしまいます。股関節の動きが悪かったり

詰まっている状態だとしても、普段の生活では痛み等の症状を感じにくく、ケアをして来なかった部分の為凝りがあると気づかない方がほとんどです。

そこで・・・

コメントは利用できません。