内臓や全身の血流に大きく関係する膣周り、このケアがスワスティでは重要だと考えています。

膣周りは細かな入り組みをしていますが、血管の密集があり筋肉層で覆われています。
スワスティのケアでは膣周り、鼠径周りの凝りにアプローチし、筋肉の張りを緩めていきます。
神経も密集した部分な事に加えて、細かく凝り固まった部分では痛みを感じる方も多い印象ですが、お客様から頂くトリートメント後の反応としては
「腰が軽くなった。」「抜けた感じがする。」「スッキリしました」「腰痛がなくなりました」「足が軽くなりました」など嬉しい反応を頂いています。
もちろん、お客様の体の状態や緊張の状態によって得られる反応は様々ですが、セラピスト側の感じ方としても股関節の緩み、太ももの緩みが違うと感じています。
膣周りケアで緩まった後は、スワスティ式、強めの圧によるオイルトリートメントでさらに全身の血流を上げ、酸素を回し、老廃物の排泄に繋げます。
オイルトリートメントと組み合わせる事によって体全身を巡らせるイメージです。
心と体の緩みを感じ、エネルギーみなぎっていただけるトリートメントになっております。
受けてみる価値のある施術だと思います。

スタッフ一同心よりお待ちいたしております。
なお、医療行為は行なっておりませんので婦人科で行うような内診等は入っておりません。

コメントは利用できません。